テキストエディタで直接HTML言語にあわせてページを作る場合、レイアウトを確認したくとも一通り、一ページ分を作成しないと、表示させることができずにかなり苦労をします。
ホームページ作成ソフトを利用すると、基本的に画面のレイアウトを確認しながら、記載したい場所に対して直接編集することができるのがよいですね。
しかも、最初から全て作成するのではなく、いろいろなデザインのテンプレートがあるので気に入ったものを選択することで大まかなレイアウトが決定、その後コンテンツにあわせて具体的なタイトル、内容を記載していくだけでかっこいいページができあがります。
ただ、いいところばかりではないです。
繊細なレイアウトをしたい場合には、機能としてついていない可能性が高いのでその場合には、テキストエディタを利用しないといけない場合があります。
また厄介なのは、せっかくテキストエディタを利用して、ページを作成したとしても、再びホームページ作成ソフトを利用して修正することで、設定が全てなくなるということもあります。
そのため、ある程度の細かい作業はあきらめた方がよい場合があります。
初めて作成する方は利用してみて、出来上がったページの内容をテキストエディタを利用して、どのような内容になっているのかを勉強していくとよいと思います。
ホームページを作成するのはブログと違って難しいというイメージがあります。
私のパソコンには最初からホームページ作成ソフトがインストールされていて、一度自分で作ってみようと思ったことがあるのですがサッパリ分かりません。
一応そのソフトの解説本も買いましたがHTMLやらCSSやら専門用語が出てきて初心者は拒絶反応が起きてしまいます。
ブログにもこのような記述のルールはあるのでしょうが、ワープロ感覚で打つだけで勝手に出来上がるので高度なスキルを持っていなくても簡単に自分のページを持つことができます。
ブログと同じように簡単にホームページを作ることはできないかと思っていたところ、文字を打つだけでページを作成できるソフトを発見しました。
しかも無料です!そして使い方もネット上で公開されています。
別途書籍を買う必要もないのです。
外国製のソフトのようなんですが日本語バージョンもあり、ネット上で簡単にダウンロードすることができます。
インストール後はホームページ作成用にひとつ専用のフォルダを作成しておくと便利です。
たくさんファイルができますが全部まとめてこのフォルダに放り込んでおくと管理もしやすくなります。
文字を大きくしたり色を変えたりするのもブログと同じようにボタンひとつで簡単にできます。
初心者には本当にありがたいソフトです。